水素水

水素水サーバーには様々な種類があります。電気分解した水素水を直接飲むタイプはアルカリ性の電解水素水を作り、サーバー内に電解するスペースと飲料水を作るスペースを別々に設けるタイプは中性の水素水を作ります。
そして、そこに各社独自の技術という付加価値も加わりますから、どれが良いのか見極めるのは大変難しいものです。今回は、人気がある水素水サーバーそれぞれの特徴と、おおよその予算についてまとめました。少しでも水素水サーバー選びの参考になれば幸いです。

今の主流は、中性の水素水を作る水素水サーバー

医療用水素サーバーが家庭向けになった【ピュアラスミニ】

http://suiso-waterserver.com/html/page6.html

現在多くの医療機関に設置されている大型の水素サーバー「H2 SERVER」を、家庭用に小型化したのが卓上型水素サーバー「ピュアラスミニ」です。水道水でもミネラルウォーターでも水素水が作れます。

いったん電気分解した水から、水素ガスだけを取り出して飲料水に溶かす「水素バブリング方式」を用いて、電極に接触していない中性の水素水を生成します。水素濃度は1.2ppmから1.6ppmです。また、冷えていると保存濃度が高くなるという水素水の性質をふまえて、冷水機能も備えています。

ピュアラスミニは、分子状水素医学生物学会の会員でもある株式会社ドクターズチョイスが販売しています。ドクターズチョイスの特徴は、東京大学をはじめとした全国の大学や各研究機関と連携しており、開発や企画には医師や専門家らが関わっていることです。

信頼度と安全性を重視する人には、特におすすめします。通常価格は298,000円ですが、WEBから申込むと10%オフの268,200円です(期間は未定)。

水素ガス吸入もできる水素水サーバー【ルルドハイドロフィクス】

まずは無料資料請求がおすすめです↓

「ルルドハイドロフィクス」は、水素ガスの吸入も可能な水素水サーバーです。タンクとピッチャーを組み合わせた見た目は、一見するとコーヒーメーカーのようにコンパクトです。ミネラルウォーターもしくは、別途フィルターを使えば水道水から水素水を作ることができます。

電解水から水素ガスだけを取り出して飲料水に溶かす「分離生成方式」は、基本的にピュアラスミニと同様ですが、飲料水には、分子(クラスター)を最小に細かくするルルド独自の技術が施されています。この技術によって、ルルドの水素水は12時間1ppmを維持できるとされています。溶存水素濃度は1.3ppmです。

ルルドハイドロフィクスは、水素ガス吸入機能が搭載されていなかったルルド水素水生成器の後継モデルにあたりますが、リニューアルと同時に、製造販売がエイチツーファクトリー株式会社に変わっています。エイチツーファクトリーは、元々が浄水器や整水器のメーカーです。水素ガス吸入セットも含めたトータル価格は160,704円です。

メンテナンスが楽な水素水サーバー【マリアージュ】

http://www.miraiplus.co.jp/product/106

タンクに水道水を注ぐだけで溶存水素濃度1ppmの水素水を作る「マリアージュ」は、年に1度フィルターカーリッジを交換するだけの、手軽に使える卓上水素水サーバーです。30リットルごとにクリーニングのお知らせランプが点滅しますが、ボタンを押すだけで自動的に自らの電極洗浄を開始します。とにかく手がかからないのが特徴です。
マリアージュは水道水を浄水してから、電気分解した水に圧をかける「バブリング方式」です。水を電解するスペースと飲料水スペースは分かれていませんが、チタンプラチナコーティングを電極に施し、金属イオンが水に溶けないよう考慮されています。
販売は株式会社ドクターズ・マンという業務用の水素水メーカーで、主にフィットネスクラブなどに水素水サーバーを設置しています。通常価格は216,000円で、浄水カートリッジは1本6,000円です。

特許取得済みの水素水サーバー【アキュエラブルー】

http://www.aquelajapan.com/aquela_blue.html
中性の水質を保ちつつ、水素濃度を限界飽和1.6ppmまで高めるという独自の電解技術「アキュエラエンジン」を持つのが、エコモ・インターナショナル株式会社の水素水サーバー「アキュエラブルー」です。具体的には、マイナス電極でアルカリ性の電解水を生成して、最後の最後にプラスの電極で中性化するという技術です。

特許出願中という言葉はよく目にしますが、アキュエラエンジンはすでに特許を取得しています。過去に週刊文春が各メーカーの溶存水素濃度を測定した記事が話題になりましたが、この際に用いられた溶存水素濃度の判定試薬「メチレンブルー」も、エコモ・インターナショナル株式会社が販売しています。メチレンブルーは、現在も多くのメーカーや研究機関で用いられています。
エコモ・インターナショナルは、主に医療分野で水素研究や技術開発をしているMIZ株式会社と提携しています。アキュエラブルーの通常価格は306,720円、水道水は使えません。

スタイリッシュな水素水サーバー【HⅡ GAURA】【GAURA mini】

https://www.gaura.co.jp/
「ガウラ」は、わざと人目につく場所に置きたいほどスタイリッシュな水素サーバーです。スタンディング型の「HⅡ GAURA」と卓上型の「GAURA mini」は、どちらも水道水から水素水を作ることができます。
ガウラの水素水は「ワンパス方式」と呼ばれ、電気分解した水をタンク内で循環させるのではなく、蛇口から出す直前に水素ガスを注入します。このため、コップに入れた水は水素の気泡で白濁しています。溶存水素濃度は1ppmですが、飲むときに残っている気泡の分も足されるでしょう。
株式会社ガウラは、フィットネスクラブや医療機関に水素水サーバーのレンタルをしてきた実績のある会社です。HⅡ GAURAとGAURA miniも、レンタルと購入のどちらかを選択できます。HⅡ GAURA購入は198,000円、レンタルなら月額5,980円です。GAURA mini購入は148,000円、レンタルなら月額4,980円です。

ビタミンも補給できる水素水サーバー【オーロラプラス】

http://www.miraiplus.co.jp/product/18

水素濃度が水素水生成モードスイッチ1回で0.775ppm、3回で0.812ppmと少なめですが、1.4リットルというコンパクトさと、水道水から新鮮な水素水を作れる手軽さが特徴の「オーロラPLUS」。株式会社フラックスの製品で、通常価格は159,800円です。

世界初のプラチナダブルリングによって水素を発生させ、独自の定電流の制御システム「FEP方式」によって、水素水を中性に保ちます。また、セラミック「ビタックス」は水道水の塩素を除去し、なおかつビタミン補給も可能です。FEP方式とビタックスは、どちらも特許出願中です。

ミライプラスの水素水サーバー【SOMA】

http://www.miraiplus.co.jp/product/3

「SOMA」はミライプラス株式会社から販売されていますが、基本的にはフラックス社のオーロラPLUSと同じシリーズと考えて良いでしょう。ミライプラスはフラックスの正規代理店で、社長同士が友人です。

オーロラPLUSとの相違点は、水素濃度がモードスイッチ1回で0.35ppm、3回で0.748ppmと、よりも少なめになっていることです。しかし、手軽に新鮮な水素を98,000円というリーズナブルな価格で飲めるのは魅力的です。

ウォーターサーバーが水素水サーバーになる【PURE WATER+H2】

https://www.alpina-water.co.jp/h2server/

ミネラルウォーターのミネラル分すら取り除いた純粋なピュアウォーター「アルピナ」「ピュアハワイアンウォーター」のスタンディング型ウォーターサーバーに、水素キットを取り付けて利用するのが「PURE WATER+H2]です。

電極と飲料水が接触しない「気体過飽和式」のため、水素水は中性です。気体過飽和式は分離生成方式と同じ仕組みです。溶存水素濃度は3.4ppm以上もありますから、限界飽和の1.6ppmを期待できます。

ウォーターサーバーをレンタルがメインで、あくまでも水素水キットはオプションとしての扱いです。サーバーのレンタルは関東地域と関西地域、愛知県のみが対象なので、それ以外の地域は申し込めません。

また、提供している株式会社トーエルのフリーダイヤルでは関東のみ受付が可能で、関西と愛知の場合は代理店から申し込まないとならないという「契約上のややこしさ」も否めません。サーバーと水素水キットのレンタル料金は、関東が月額1,572円、関西と愛知が月額2,000円です。

電気分解したアルカリ水を水素水にするサーバー

トリムのアンダーシンク型水素水サーバー【TRIM ION US-100L】

http://www.miraiplus.co.jp/product/134

近年では水素研究の第一人者太田成男氏が「自分が提唱している水素水は中性」と公言しているため、各社がこぞって中性の水素水を作っています。しかし、今もアルカリ性の電解水素水を貫いているのが株式会社日本トリムです。

「TRIM ION US-100L」は、シンク下に箱型の高性能電解整水器を設置して、蛇口に操作部を取り付けます。操作部では、飲料用の水素水と浄水、洗顔や洗い物に適した弱酸性水に切り替えられます。取り付け工事費別で、本体419,040円です。溶存水素濃度は0.1ppmから0.3ppm程度です。

パナソニック還元水素水サーバー【TK-HS90】

http://panasonic.jp/alkaline/

パナソニックでは従来のアルカリ性電解水生水器のうち、電極板が5枚以上あるものを還元水素水生成器だと定義しました。このパナソニック独自の基準によると、「TK-HS90」の電極板は7枚なので、アルカリイオン整水器でありつつ、還元水素水生成器です。

胃腸症状への医療効果が認められているけれど、ブームは去ってしまったアルカリイオン水、一般向けの医療効果は認められていないけれど、ブーム真っ只中の水素水、両者のいいとこ取りをしているのが「TK-HS90」なのです。

オープン価格は172,800円でしたが、現在は量販店やAmazonなどで、10万円以下の購入が可能です。溶存水素濃度は0.1ppmから0.5ppmです。

アデランスの携帯型水素水サーバー【ビューステージ チャージ プレミアム】

http://www.aderans-shop.jp/shop/pages/beaustage_charge.aspx?trflg=1

こちらも「直接型電気分解方式」なので、作られるのは中性ではなくアルカリ性の水素水です。「ビューステージチャージプレミアム」は、ミネラルウォーターやピュアウォーター、お茶や清涼飲料水を水素水にできます。溶存水素濃度表示は公表されていません。手元にある飲み物を水素水にするアイデアはユニークですね。

電解した水素水はオゾンを発生させますが、ビューステージチャージプレミアムにはオゾン水をためておくトレイが搭載されており、水素にオゾンが吸着するのを防ぎます。オゾンには優れた脱臭効果や殺菌作用がありますが、飲むには適していません。通常価格は64,800円です。

水素水をもっと身近に!【番外編】

水素を体内で発生させるサプリ【サビトルウォーター】

http://sammy-life-online.jp/sabitoru.html
水素はサプリメントで摂取することもできます。「サビトルウォーター」は、30粒入りのカプセルを定期購入するタイプのサプリメントです。新鮮さを保つために空気孔を開けたパッケージが特徴です。

通常価格は月額2980円で、初回のみ980円。日本製品の品質管理基準のひとつであるGMPマーク認定ですから、安全性や管理方法は安心できます。

水素の発生は「マイクロクラスター方式」です。クエン酸カリウム・炭酸カリウム・二酸化ケイ素・高級脂肪酸を原料として、体内で水素を発生させます。

水素をサンゴに吸着させたサプリ【プラチナダイヤモンド水素】

http://mycisco.net/?wmpref=rnt
「プラチナダイヤモンド水素」も、30粒入りのカプセルを定期購入するタイプです。通常価格は月額3,000円で、初回のみ680円です。

正式な方式の名称はありませんが、サンゴのカルシウムを原料として水素を発生させる、もしくは水素を吸着させるという方法です。日本食品分析センターにおいて、貴金属などの危険物が含まれていないという証明がされています。

水素の専門家が開発したサプリ【水の素】

http://www.mdfood.jp/lp/suiso/

「水の素」は、水素研究で有名な太田成男氏と斎藤糧三医師による共同開発です。通常価格は60粒入り12,960円です。定期購入も可能ですが前提ではなく、解約しないと翌月も送られてくるというタイプではありません。

「水の素」は精製岩塩から水素を発生させます。また、普通のサプリメントは腸で溶けるのですが、水の素は胃で溶けるカプセルなので、胃から分泌されるグレリンが水素を脳にも届けてくれるという特徴があります。

愛するペットのための水素水「ペットの贅沢水素水」

https://www.njh2.jp/zeitaku/afren.html

「ペットの贅沢水素水」は、愛するペットのための宅配水素水です。アルミパウチ220ミリリットルが30個で、通常価格は月額11,000円、初回のみ6,980円です。

犬や猫のペットフードにはミネラルが過剰なため、ペットのミネラル過剰摂取を避けるには、硬水よりも軟水が好ましいとされています。ミネラルを含まないペットの贅沢水素水の開発には、獣医師も関わっています。溶存水素濃度は分0.8ppmです。

水素水サーバーそれぞれの特徴まとめ

最後に水素水サーバーについての豆知識を紹介します。せっかく作った水素水に、うっかり水道水を凍らせた氷を入れると、あっという間に水素濃度が低下します。水素水サーバーを使っている人は、グラスを冷蔵庫にいくつか待機させておくことを習慣にすれば、いつでも冷たくて美味しい水素水が飲めます。

また、水素水で薬を飲んでいる人は、中性の水素水なら心配ありませんが、アルカリ性の水素水なら医師に相談して下さい。アルカリイオン水、電解水素水、還元水などと呼ばれるものなら要注意です。