最近は健康や美容に関するグッズが多く出回っており、携帯できるものも増えてきました。携帯できるのなら、どこに行っても利用できるので、健康グッズに関しては便利です。そして、気軽に持ち運びができるのはサプリメント以外に、水素水タンブラーも可能なのです。
ここでは水素水タンブラーでどこにいても水素を補給できるということについて解説します。

水素水タンブラーでどこにいても水素を補給できる

水素水タンブラーとは

水素水タンブラーとは、一体どのようなものなのでしょうか?仕組みや特徴についてまとめます。

水素水タンブラーは小型で持ち運びしやすい

水素水タンブラーの一番のポイントは、小型で持ち運びしやすいという点でしょう。水素水といえばパウチになっているものを買うか、水素水サーバーで自宅で生成するといった方法があります。水素水サーバーの場合は、出先で水素水を摂取することができません。できれば水素水は毎日定期的に飲むようにしたいので、旅行に行く、仕事で外泊するといった場合にも摂取したいです。
そんな時に活躍するのが、水素水タンブラーです。よくあるタンブラーと同じような形とサイズになっており、カバンの中に入れるのにもそれほどかさばりません。

水素水タンブラーは電気分解で水素を発生させる

水を電気分解して水素を発生させます

水素水タンブラーはよくある水素水サーバーと同じように、電気分解をして水素を発生させます。水を電気分解して、水素を発生させます。電源を押してから水素水が出来上がるまでに10分程度の時間はかかりますが、すぐに新鮮な水素水を飲むことができます。
水素は時間の経過とともに抜けていってしまうので、その都度飲む分だけ生成できるタンブラーは便利です。

水素水タンブラーの使い方

手軽に出来立ての水素水を飲める水素水タンブラーは、出先でどのように使用するのでしょうか?

水素水タンブラーは使い方はとても簡単

水素水は出先でも簡単に使用できるので、忙しくても助かります。使い方は以下の手順でやってみましょう。

  1. 水素水タンブラーの使い方はとても簡単です。電源を電極(本体)に差し込む。
  2. タンブラー本体にある電源ボタンを押す。
  3. 光り出すと水素水を生成中というサイン。

後は待つだけで水素水を生成してくれます。水素水が仕上がるまでには、10分ほどかかります。様子を見ていると、プツプツと泡が出てきて水素が発生しているのがわかります。コンセントがある場所でないと水素水タンブラーは使用できないので、その点だけ注意して利用しましょう。

おすすめの水素水タンブラー

手軽においしい水素水を利用できる水素水タンブラーは、1つ持っておくと便利です。そこで、おいしい水素水を作れる水素水タンブラーの中でもおすすめの商品を紹介します。

水素水タンブラースウィッシュ

http://www.fresh-suiso.jp/
スウィッシュはドリップ式水素水タンブラーとなっています。スウィッシュの最大の魅力は、水道水をタンブラーに入れてからたった1秒で水素水が出来上がるんです。これなら、会社や出張先、旅行先でも出来立ての水素水を飲むことができます。
タンブラー自体は300グラムと軽量になっているので、持ち運びにも不便さは感じません。そして、500ミリリットル約25円という安さで水素水を利用できるのも魅力です。溶存水素量は374ppbとなっています。
日本製タンブラーとなっているため、故障などのトラブルもなくいつも快適に使用できます。専用カートリッジは2ヶ月に一度交換が必要ですが、この交換をきちんとしておくといつも新鮮な水素水を飲むことができます。タンブラーは4色展開になっているので、好きな色を選べるのも嬉しいです。

水素水タンブラーバンビ

高濃度水素水タンブラー【BAMBI(バンビ)】


バンビの水素水タンブラーは、別売りのモバイルバッテリーを購入することで出先でも水素水を飲めるようになります。約10分で1.4ppmの水素水を生成することができます。さらに水素を生成した後6時間以内であれば、追い焚きボタンを押して5分でまた新鮮な水素水に復活させることができます。
メンテナンスとしては、3ヶ月に一度クエン酸で洗浄をするだけで良いです。カートリッジを交換する必要はないので、初期費用だけ必要になります。バンビのタンブラーで一度に作れる水素水の量は200ミリリットルとなっているため、ちょうど一度に飲みきれる量と言えるでしょう。
コンパクトなボトルで、水道水を入れてコンセントに差し込んでから電源ボタンを押すだけで水素を生成してくれます。何か用事をしている間に水素水を作ってくれるので、持ち運んだ先でも手軽に利用できます。

水素水タンブラーポケット

http://www.miraiplus.co.jp/product/188
こちらのポケットという水素水サーバーは、有名人が多く使用しているという点で話題になっています。10分間(ボタン1回押し)で0.4ppmの水素を、20分間(ボタン2回押し)で0.7ppmの水素を発生させることが可能です。
1日約137円で水素水を利用できるので、水素水サーバーを買うよりも手軽で日頃から使いやすくなっています。バッテリーは2~3年に一度交換が必要になりますが、普段のメンテナンスは特にありません。手にフィットしやすい形状と、カラーバリエーションも数種類あるので、好きな色を選択できます。
水素が発生しているのがボトル内の泡の様子で観察できるので、確かに水素水であるということで安心して飲むことができます。充電が必要になりますが、一度充電をすると30回~40回使えるということなので、きちんと充電をしておけば長く利用できます。
ボトルはシンプルに解体できるので、洗う際にも便利です。洗いにくいということがないので、いつでも清潔に保つことができるでしょう。

すごい!水素水タンブラーで水素で健康生活始めませんか?まとめ

水素水タンブラーは水素水サーバーよりも手軽に水素水を利用できます。飲みたい時に飲みたい分だけ生成でき、さらに持ち運びも可能なので出先でもおいしい水素水を飲むことができます。
健康や美容に良い水素水は毎日しっかりと飲むことが基本なので、継続するためにも水素水タンブラーがあると便利です。水素水タンブラーと呼ばれる商品もいくつか種類がありますが、手軽に使えるもの、軽くてコンパクトなもの、短時間で水素を発生させてくれるものなどに注目して、自分に合ったものを選んでみましょう。
水素水タンブラーはコンセントに差し込んで、電源ボタンを押すだけで水素を作ってくれるという画期的な製品です。一度購入してしまうと、コストも多くはかからないのでその都度水素水を購入するよりも経済的に安心です。

紹介した商品の中では水素濃度、価格、メンテナンスの良さを考えると総合力ではBAMBI(バンビ)に軍配が上がりますかね。発売元が水素水タンブラーの決定版と豪語するのもわかります。携帯型で1.4ppm高濃度水素水を実現していますし、生成時間は10分というのは魅力です。残留塩素の除去機能があるので水道水を使えるのもうれしいですよね。そして一見地味な機能なのですが、バンビは生成器部分を取り外すことが出来るため、他容器でも水素水を生成できるのです。これ実はマイマグカップやコップ等で家族と水素水をシェアすることが可能なので嬉しい機能なんです。安心の2年保証!

どの容器でも水素水が作れるからシェアできる!【BAMBI(バンビ)】