水素水は健康の面で効果が期待できると言われていますが、この中に認知症予防も含まれるのです。認知症は現在発症する人が増加傾向にあり、手遅れになる前に治療を始めるべきであるとも言われています。その治療法にもさまざまな方法があり、その1つに水素水を使った健康管理も挙げられます。
ここでは、水素水が認知症にどのような効果を与えてくれるのか、考えていきます。

認知症の種類について

水素水が認知症予防になるという話の前に、認知症にも種類があることを知っておきましょう。

アルツハイマー型認知症

認知症の多くが、このアルツハイマー型認知症と言われています。認知症の中でも、その割合は50%と確率が高くなっています。アルツハイマー病は脳内に異常なタンパク質が増えることで脳の活動に障害が出るという病気です。その結果、物忘れの症状が現れるようになります。この時にアミロイドβというタンパク質が脳内に蓄積されていき、脳の神経細胞がダメージを受けることで脳萎縮が起きます。
この脳の萎縮の時に一番影響を受けるのが、海馬と呼ばれる部分です。記憶を司る部位が最初に影響を受けるため、認知症の症状が出てくるようになります。ちょっとしたことを忘れてしまう、今まで当たり前のように覚えていたことを忘れてしまうといった症状に悩まされるようになり、認知症の疑いが出てきます。

脳血管性認知症

認知症の中でも発症する確率が少ないと言われているものに、脳血管性認知症があります。脳血管性認知症は脳梗塞や脳出血を起こした後の後遺症として発症することのある認知症になります。何の病気を発症したのか、その時の症状はどれぐらいのものだったのかといった内容によって脳血管性認知症の症状も異なります。
アルツハイマー病が女性に多いのに対して、この脳血管性認知症は男性によく見られる病気となっています。年代においては60歳以降に多いと言われています。高血圧や糖尿病、血液凝固などの生活習慣病を患っていると脳血管性認知症にかかるリスクも高まると言われているので、日頃の健康管理にも注意したいです。

レビー小体病

レビー小体病と呼ばれる認知症は、病気の初期の段階で幻視が見られるという特徴があります。この症状が感じられたら、レビー小体病である可能性が高くなります。しかし、脳血管性認知症と同じくアルツハイマー型認知症よりはかかる確率が低い認知症になります。
レビー小体病においては、運動障害が現れやすいです。動作が遅くなったり、いきなり小またで歩いたりと、体の動きに明らかな異変が生じます。幻覚や幻視の他にどんな症状が出ているかという点もしっかり様子を見ないといけなくなります。

なぜ水素水が認知症予防に良いの?

認知症にも種類があることがわかりましたが、続いて水素水が認知症にどのような効果を与えてくれるのか、詳しく見てみましょう。

水素水は活性酸素を除去できるから

活性酸素の除去がポイント

水素水が認知症に良いとされているのは、体内にある活性酸素を除去してくれるからです。活性酸素は日々私たちの体内に存在しているもので、上手に取り除いていかないと病気を招きます。
水素水を利用すると、体内に水素水が入っていく中で活性酸素の除去を始めます。活性酸素の除去だけでなく、血流の改善も期待できることから脳細胞の働きが活発になります。ここから、認知症によって脳が萎縮してしまうのを予防できるのでは、と考えられているのです。
実際に水素水を摂取することによって、認知症の症状が改善されたという結果も出ています。活性酸素の除去がポイントになること、血流改善によって脳の働きが活性化されることが水素水が認知症予防に良いとされている理由なのです。

水素水を生活の中に取り入れてみよう

水素水が認知症の予防や改善に役立つという結果が出ている今、試してみる価値はあります。では、日々の生活の中ではどのように水素水を取り入れていけば良いのでしょうか?

飲み物を水素水に変えてみる

認知症予防や対策に水素水を利用するのなら、少しでも簡単に続けられる方法が一番です。そこで、日中に摂る飲み物などを水素水に変えてみることをおすすめします。水素水は実際に飲んでみると、ミネラルウォーターと味の違いがわかりません。そのため、抵抗もなく飲むことができます。

水素水

飲み物を水素水に変えるだけで認知症の対策ができる

このように、飲み物を水素水に変えるだけで、認知症の対策ができるのです。水素水は飲みきりサイズのものもあれば、サーバーを設置して常に新鮮な水素水を生成するタイプもあります。毎日どんなシーンで、どれだけ水素水を使うようになるかという予定をあらかじめ立てておいてから準備を始めると、無駄なく水素水を利用できます。

水素風呂で体もぽかぽか

水素水を普段の水分補給に活用する方法は簡単で毎日続けられるでしょう。そして、飲むだけでなく、全身から水素を取り入れられる方法があります。それが、水素風呂です。水素風呂ができる入浴剤や水素を浴槽内で発生させる機器などありますが、入浴剤なら粉を入れてかき混ぜるだけで水素風呂が完成するのでおすすめです。
水素風呂は体が温まりやすい特徴があるため、血行促進効果が期待でき、冷え性の改善にもつながります。体の血行が促進されると、脳の病気の予防もできるので認知症対策にもなります。
水素風呂に入る時は、ぬるめのお湯を張って最低10分は浸かりましょう。水素風呂は数時間効果が持続すると言われているので、一緒に住んでいる人もみんな水素風呂に入ることができるのです。気軽に水素風呂を始められる入浴剤から試してみると、水素風呂がどんな感じなのか知ることができるでしょう。おすすめできる商品は水素水製品のパイオニアであり第一人者のミライプラスさんの【マルーンジュニア】ですね。下にバナー貼っておきますので興味があれば資料請求してみてください。

水素水で認知症予防になる?!終わりに

認知症にはよく知られているアルツハイマー病の他に、脳血管性認知症とレビー小体病があります。少しずつ症状は異なるものの、日常生活においては気づきにくい点もあるので早期発見ができるように対策を始めていきたいです。
水素水を利用して認知症の予防ができる理由は、水素が活性酸素を除去してくれるからです。体の中をクリーンにして、病気を招く危険性のあるものを排除していってくれることから、水素水が認知症予防に良いとされているのです。