水素水はどれを飲んでも同じではありません。生成方法が違えば、水の中に含まれる水素の量も異なるので、得られる効果も変わります。一般的に水素水を生成する際に用いられるのが電解水素水です。この電解水素水とは一体どのような水素水なのか、どんな生成方法が主流となってきているのか、といった点について詳しく解説します。

水素水の作り方には種類がある!

水素水の生成方法には種類があります。どんな種類があるのか、順に見てみましょう。

電気分解

多くの水素水生成器で用いられている方法が、この電気分解です。水の中に電極を入れて電気分解することで、プラス極には酸性の水が、マイナス極には水素を含んだアルカリ性の水が出来上がります。マイナス極側に移動して作られた水が、電解水素水と呼ばれます。
手軽で簡単に水素水を作れるという点から、水素水生成器においても用いられているんです。

マグネシウムを使って化学反応を起こす

マグネシウムを使った方法においては、水の中にマグネシウムを入れて水とマグネシウムで化学反応を起こさせます。化学反応を起こした時にできるのが、水素です。スティックを入れて水素水を作るタイプが、この化学反応によるものとなっています。

水素ガスを溶かす

水素水は水素ガスを水に溶かすことでも生成できます。気体である水素ガスを水の中に入れて、水素を溶かしていきます。高濃度な水素水になるという特徴もあります。

最近主流となっているのは加圧ガス溶存方式

電気分解による生成方法がメインとなっていたのですが、最近では加圧ガス溶存方式も主流となってきました。ここでは、加圧ガス溶存方式がどのような方法なのか説明します。
加圧ガス溶存方式は、ナノバブル製法やマイクロバブル製法という呼び方もされており、細かい気泡を水に溶かして高濃度な水素水に仕上げます。水素ガスを加圧することで、より多くの気泡を水に溶かすことができます。加圧ガス溶存方式によって作られた水素水は濃度が高いだけでなく、味も美味しいと言われています。普通の水と変わりなく飲むことができ、水の質が良いとさらにおいしく感じられます。
加圧ガス溶存方式によって味と濃度が確かな水素水が作れるという点だけでなく、メーカーの努力次第で質は異なります。メーカーが本気で商品作りをしていると、水素水の質も高く信頼できると言えます。水素水を専門に扱っているメーカーや実績があるところをチェックしていくと、加圧ガス溶存方式の中でも納得できる水素水と出会えます。

初心者にはアルミパウチ水素水がおすすめ

加圧ガス溶存方式であれば高濃度な水素水が飲めるので、水素のパワーも実感できます。しかし、いきなり水素水生成器を購入するのは躊躇してしまうという水素水初心者におすすめなのが、アルミパウチ水素水です。蓋を開けて飲むだけという簡単な方法で、高濃度な水素水を利用できます。中でもおすすめのアルミパウチ水素水を紹介しましょう。

ASO水素水

ASO水素水は阿蘇外輪山の地下深くの天然水を使用しています。厳選された天然水に水素を溶け込ませており、アルミパウチタイプになっているので蓋を開ければ新鮮な水素水を飲むことができます。1.6ppmとなっているので、高濃度な水素水が入っています。
アルミパウチといえば、一度開封したら少しずつ水素が抜けていくので早めに飲みきりたいです。その点、ASO水素水は250ミリリットルと飲みきれるサイズになっているので助かります。それほど重さもないので、持ち運びも可能です。外出先で水素水を飲みたいときにもおすすめのASO水素水です。
10本セットから販売されているので、初めての人も気軽に購入できるでしょう。10本セットは2160円で購入できます。1本あたり216円になります。大手のメーカーが販売しているわけではありませんが、口コミによって広まっている商品です。

水素たっぷりのおいしい水

水素たっぷりのおいしい水は石川県錦町の天然水を使用して作られた水素水です。濃度は1.6ppmと高濃度となっており、アルミパウチ水素水として人気があります。1本あたり300ミリリットルなので、普段の水分補給が少なめという人にとってはやや多く感じるかもしれません。しかし、 水素たっぷりのおいしい水は口栓を改良したため、以前よりも水素が逃げにくくなりました。よって、開封してからしばらく経過した水素水を飲んでも水素の力はしっかりと実感できるのです。
水素たっぷりのおいしい水は注文回数を重ねるごとに割引が適用されるので、お得に新鮮な水素水を飲むことができます。初めての方限定でお試し7本セットが用意されていますが、1820円となっています。こちらを利用すると1本あたり260円になります。ASO水素水よりは少しだけ価格が高くなっています。

高濃度ナノ水素水「仙寿の水」

水素濃度1.6ppmと高濃度になっている仙寿の水は、霧島山水系の天然水を使用しています。250ミリリットルと飲みきりやすいサイズになっているので、便利です。マイクロナノバブル製法によって、水素をたっぷりと溶かすことに成功しました。逃げてしまいやすいという水素の特徴を改善するために、アルミパウチの容器や製法にこだわって作られています。
お試しで購入してみたいという時に10本セットがあるので、気軽に注文できます。10本セットは3024円と、リーズナブルな価格で購入できます。1本あたり302円の計算になるので、上に紹介してきたASO水素水や水素たっぷりのおいしい水に比べると、少し値段が上がります。仙寿の水は定期コースもあるので、おいしい水素水で体を健康的に変えることが可能です。購入を続けることでポイントが貯まっていき、値引きや素敵な商品に交換も可能となっているので、仙寿の水を続けると良いことがたくさんあるのです。

高濃度な水素水を毎日手軽に摂取できるのは、私たちの体にとっても嬉しいことです。体の内側から元気がみなぎってきて、若々しさを取り戻すことができます。

電解水素水って一体何? 終わりに

電解水素水は水の中に電極を入れて水素を発生させています。多くのサーバーで用いられている生成方法となっています。しかし、最近では加圧ガス溶存方式も使用されるようになり、より多くの水素を溶かすことができるようになりました。そんな加圧ガス溶存方式で作られた水素水を気軽に飲みたいという時には、アルミパウチ水素水がおすすめです。
一度注文しておけば、常備しているものから使用できて携帯もできるので便利です。水素水を飲んでみたいという初心者にもぴったりな商品と言えるでしょう。