還元水素水とはどんな水素水?

Pocket
LINEで送る

水素水と一言にいっても生成方法によって呼び方が異なります。中でも多くの水素水生成器で生成されている水素水が、還元水素水と呼ばれています。還元水素水とはどのような水素水なのか、生成方法によってどのような違いがあるのか、自分に合った水素水生成器をどのように選べば良いのかというコツにも触れていきます。

還元水素水とは?

還元水素水とは、電気分解によって作られた水素水を指します。水素を発生させる方法はいくつかありますが、その中でも電気分解によって出来上がった水素が含まれた水のことを還元水素水と呼ぶのです。還元水素水という呼び方以外に、アルカリイオン水や電解水素水、還元水といった呼ばれ方もあります。呼び方が異なると性質が異なるように感じますが、これらはすべて中身が同じになっています。
水が入っている容器の中に電極を入れて化学反応を起こさせ、水素と酸素に分解します。水素を含んでいる方が還元水素水となり、アルカリ性という性質を持っています。この還元水素水は、自宅に設置できるタイプの水素水生成器で行われている方法になります。

電気分解方式とガス溶存方式、それぞれの特徴

電気分解によって出来上がる水素水のことを還元水素水と呼びますが、水素水を生成する方法には電気分解以外にもあります。そこで、ここでは電気分解方式とガス溶存方式の2つに注目して、それぞれのメリットやデメリット、特徴などを紹介します。

電気分解方式

還元水素水を作ってくれる電気分解方式は、水素の持続時間が長く、水素濃度が高いというメリットがあります。ここから、しばらく時間が経過した後でも品質の変わらない高濃度な水素水を利用できると言えます。水素水のデメリットとして挙げられる、水素がすぐに抜けてしまうという点を解決してくれます。サーバーの中で一定の濃度の水素水を生成してくれるので、いつでも新鮮で高濃度の水素水を飲めるのです。
一方、電気分解方式のデメリットとしては、価格が高いという点が挙げられます。さらに、電気分解が行われている時に金属が水の中に浸かっているため、金属が水の中に溶け込んでしまうという問題点があります。ここから水質がアルカリ性に傾いてしまいます。水質が変わってしまうのは気になるという人も多いと思います。作りたての水素水を飲めると人気の電気分解方式ですが、デメリットも知っておきましょう。

ガス溶存方式

ガス溶存方式では、高圧をかけながら水の中に水素ガスを注入させています。このガス溶存方式は、主にアルミパウチに入っている水素水といったようにすでに製品が出来上がっているものに使われていることが多いです。家庭に設置できる卓上タイプやサーバータイプでは用いられない方式になります。
このガス溶存方式なら、より高濃度の水素水を生成できるというメリットがあります。デメリットとしては、すでに出来上がった水素水をその都度購入しないといけないこと、価格が普通の水よりは高いのでコストがかかることが挙げられます。

自分に合った水素水生成器を選ぶポイント

水素水を生成する方法として、電気分解方式とガス溶存方式の2つの説明をしました。そこで、自分に合った水素水生成器を選ぶポイントも紹介しましょう。

水素濃度をチェックしよう

水素水において外せないのが水素濃度です。どれだけ高濃度の水素水を生成してくれるかによって、飲んで得られる効果は異なります。そこで、水素濃度に関しては最低でも1.0ppm以上となっているものを選びましょう。今出回っている多くの水素水生成器がこの数値を超える水素水を生成できるように作られていますが、濃度は何よりも大事です。

ライフスタイルに合った製品を選ぼう

ライフスタイルに応じて水素水生成器を選ぶと、より日常生活で活用することができます。そこで、設置するとなるとサイズはどれぐらいになるか、家族の人数に合わせてどれだけの容量が必要か、といった点を考えてみましょう。一人暮らしや二人暮らしなら卓上タイプで十分ですが、家族みんなで使いたいという時にはサーバーのように大容量水素水を生成できる機器の方が良いです。

生成方式によるデメリットをカバーできる製品を選ぶこと

電気分解とガス溶存方式、どちらにもデメリットが存在しました。そこで、水素水生成器を選ぶ際にも、これらのデメリットをきちんとカバーできるような製品を選ぶようにしたいです。
たとえば、電気分解方式なら金属が水に溶け込んで水質が変わることが懸念されているので、水質に変化がないもの、安全な水素水を飲めるようになっているものを選ぶと良いです。ガス溶存方式の場合はその都度購入しないといけないというデメリットがありました。そのデメリットをカバーするためには、高濃度の水素水をできるだけ長く維持してくれる製品と出会うことが大切です。
そこで、おすすめしたいのが、バンビという水素水タンブラーです。バンビは携帯用水素水としては最高水準となる1.4ppmを実現した水素水タンブラーです。10分で水素水を生成することができ、300グラムと軽量になっているのもポイントです。どこでも携帯することができ、もちろん自宅で飲みきれる分を作りたいときにも便利な製品です。
また、電気分解方式を導入している水素水生成器に関しては、水の中で金属が反応するため臭いが発生することがあるのですが、バンビは気になる臭いが発生することもなく、酸素をできるだけ多く外に逃がしているので、より水素の多い水素水が出来上がります。高濃度な状態を長く維持することができるという点で、バンビの水素水タンブラーは人気を集めています。

水素水生成器を選ぶ際には生成方法に注目して、それぞれのメリットとデメリットを把握しておくことも大切です。さらに、自分のライフスタイルに合った製品を選ぶことも大事です。あらゆる点からどの水素水生成器がぴったりかを調べて、製品の価格や特徴などもチェックしていくと良いでしょう。

還元水素水とはどんな水素水? 終わりに

還元水素水は、電気分解方式によって生成される水素水のことを指しています。今の水素水生成器においては、ほとんどがこの電気分解方式を導入しています。高濃度な水素水を気軽に自宅で生成できるというメリットがありますが、その反面金属が水に溶け込み水質が変化するというデメリットも存在します。
一方ガス溶存方式という方法もあり、こちらはアルミパウチやペットボトルにあらかじめ水素水が出来上がっているタイプになり、手軽ですがコストがかかります。
水素水の生成方法の違いや自分に合った生成器をじっくり調査した上で、納得できる製品を選ぶようにしましょう。

SNSでもご購読できます。