せっかくの高濃度水素水 まさかコップで飲んでいませんよね?

Pocket
LINEで送る

水素水のある生活を始めたという人も多いかもしれませんが、みなさんはどのように水素水を飲んでいますか?コップに移して飲んでいるという人、水素水だと思って飲んでいるものが実は水素が抜けてしまっている可能性があります。サーバーで作った水素水は高濃度と評価されていますが、いざ飲む時にはコップに移すでしょう。その過程で水素が抜けてしまうので、できるなら新鮮で高濃度な水素水を飲みたいものです。すぐに水素が抜けてしまわずに飲める水素水を紹介しましょう。

水素水の中の水素は抜けやすい

水素水の中の水素が抜けやすいと言われているのは、水素の性質と深い関係があります。水素水は水の中に水素を溶かしたものです。この水素は宇宙一小さい分子と呼ばれており、小さい分動きはとても速いという特徴を持っています。水素はこの2つの特徴を持っているため、水素水があっても中の水素は溶けやすくなっています。
水素水の利用の仕方はいろいろとありますが、その中でもサーバーを設置して利用する人が多いと思います。いつでも新鮮な水素水がまとめて生成できるので1台持っておけばメリットづくしという印象を受けます。しかし、サーバーの中の水素水をいざ飲もうとするとコップに移します。
コップに水素水を移して飲んだ場合、その中に含まれる水素はおよそ3時間で半分の量にまで減ってしまいます。コップに移してすぐに水素が抜けてしまうというわけではありません。しかし、コップに入れたまま放置していて、その後飲んだ時には水素はかなり少なくなってしまっているんです。
サーバーで水素水を作る場合はコップに移して飲むしかありませんが、すぐに飲むようにしましょう。

水素はおよそ3時間で半分の量にまで減ってしまいます

水素水、容器によって水素濃度の時間経過減少が異なる?

サーバータイプの水素水はコップに移すしかないため、水素がどうしても抜けやすいというデメリットがありました。では、容器によっても時間経過と共に水素濃度の量は変わるのでしょうか?

ペットボトル

ペットボトルで水素水を利用する場合は、水道水を入れた後にスティックを入れるようになっています。その他に最初から出来上がった水素水としてペットボトルに入れてあるタイプについては、製造から時間が経っているのですでに水素がたくさん抜けている可能性があります。
一方、スティックを入れて水素水を生成する時は、基本スティックは入れっぱなしなので常に水素が減らないように調整してくれています。よって、スティックタイプなら高濃度とまでいかなくても、適度に水素の量を保ってくれるんです。

アルミ缶

アルミ缶に水素水が入っている場合にも、水素濃度は低めになっています。缶の場合はどんどん水素が抜けていってしまっています。アルミパウチの方が水素の減りは少ないと言われているので、アルミ缶で水素水を飲んでも思うほど水素が体内に吸収できていない恐れがあります。
アルミ缶は飲み終わった後処分する際にも、ゴミの分別をしないといけないのでちょっと手間がかかるという印象も受けます。

アルミパウチ

水素水はアルミパウチで販売されているものも多いです。アルミパウチは空気の隙間をなくしたので、水素が逃げていくことがありません。よって、開封前のアルミパウチの中には高濃度の水素水が入っています。しかし、アルミパウチも一度開封すると、ちょっとずつ水素は抜けていきます。

開封前のアルミパウチの中には高濃度の水素水が

水素の減り具合は、サーバーから水素水をコップに移した時と大差がないと言われています。しかし、この水素の減り具合をちょっと工夫することで遅らせることができます。キャップを閉め治す、閉める時にできるだけ空気を抜いておくという2つのことをしておくと、アルミパウチ内の水素の減りを抑えることができます。
開封していないアルミパウチについては、賞味期限内には使い切るようにしましょう。賞味期限が近づくにつれて、中の水素濃度は低くなっていきます。アルミパウチの特徴を抑えて利用すると、飲みきりサイズで便利でしょう。

水素水はペットボトルや缶、アルミパウチと入れてある容器によって、水素の減りは多少違います。これらの共通点は、開封してすぐに水素が抜けてしまうことはないが、できるだけ早めに使い切るようにしたいという点になっています。

たっぷり水素を摂取したいなら7WATERがおすすめ

いろんな水素水の利用方法がある中でできるだけたっぷりの水素を摂取したいという時におすすめなのが、高濃度水素水【セブンウォーター】です。セブンウォーター(7WATER)は専用の耐圧ペットボトルを使って水素水を生成するという製品になっています。
7WATERでは、最大7.0ppmの水素水を生成することができます。業界最高水準となる数字を出すことに成功し、高濃度な水素水を利用できるのが特徴です。7WATERには専用のペットボトルがついてきます。この専用ペットボトルにいっぱい水を入れて水素発生剤を入れます。水素ガスが溜まってくるとペットボトルはだんだん硬くなります。ボトルが硬くなっているのを確認できたら、素早く振ります。これで高濃度水素水の完成です。
この7WATERの水素水は、作ってから半日ほどで水素が減ってきます。よって、サーバーや通常ペットボトルなどのように数時間で水素が半減してしまうという心配がありません。一度にまとめて水素水を作っておきたいけど、すべて飲みきれるかわからないという時にも7WATERなら安心して利用できるでしょう。
7WATERはスターターセットが用意されており、5000円ほどで購入できるので気軽に試すことができます。スターターセットの中には水素発生剤が30包も入っているので、しばらくの間水素水を作って実感できるようになっています。

せっかくの水素水 まさかコップで飲んでいませんよね? 終わりに

水素水はコップに入れると水素が減っていきます

水素水はコップに入れると時間が経つと共に水素が減っていきます。これは、通常ペットボトルやアルミ缶、アルミパウチについても同じことが当てはまります。これではせっかくの水素水の効果をしっかりと実感できないので、そんな時は7WATERのように耐圧ペットボトルと水素発生剤を使って高濃度な水素水を作ってみましょう。



SNSでもご購読できます。