水素水サーバーの生成方式の違いとは

Pocket
LINEで送る

水素水は手軽に自宅でも作れるようになり、健康や美容のために利用する人が増えています。しかし、いざ水素水サーバーを設置しようとしたら、いろんな生成方式があり、どれが一番良いかわからないという問題にぶつかります。そこで、ここでは水素水サーバーの生成方式の違いを紹介します。

水素水サーバーの生成方式には主に4種類ある

水素水サーバーの生成方式は大きく分けて4種類あります。その4種類について順に紹介しましょう。

水素水サーバーマグネシウム反応タイプ

マグネシウム反応タイプは手軽に水素水を作ることができます。その原理は水とマグネシウムを化学反応させて水素水を作るという仕組みになっているものです。水とマグネシウムから水素水が作れるの?と思ってしまいますが、昔勉強した化学式を思い出すと理解できます。
水とマグネシウムを合わせて水素ができるという化学式は以下になります。
2H2O+Mg→Mg(OH)2+H2

H(水素)が出来上がることがわかるでしょう。こちらのマグネシウム反応タイプの水素水サーバーはスティックで生成できるものや、水素水サーバー本体で生成しているものがあります。こちらのマグネシウム反応タイプで水素水を生成すると、水素だけでなくマグネシウムも一緒に摂取できるのです。その点では、他の水素水サーバーより健康面を意識できます。ただし、水素濃度は0.5ppm以上は期待できないので、水素がたっぷり入った水素水を利用したい時には物足りない感じになってしまうでしょう。マグネシウムの味も入り、少し苦手だという方もおられます。(アルカリ性に傾くため)

水素水サーバー電気分解タイプ

続いて、水素水サーバーには電気分解タイプと呼ばれるものがあります。こちらは水を電気分解して水素水を生成します。今水素水サーバーとして販売、レンタルされているほとんどのものがこの電気分解タイプとなっています。安定した濃度の水素水を生成できるという特徴から、水素水サーバーでもこのタイプがよく使用されているのです。
電気分解タイプで水から水素水を作る仕組みは、水道水をろ過フィルターに通してろ過していくのですが、ろ過された水は電気分解されにくいので水素濃度が落ち着いてくるという特徴があります。電気分解タイプで水道水を使用できるものについては、水素濃度が落ち着くという点から、いつも安定した濃度の水素水を利用することができます。使用してみておすすめなのが水素水生成器の大手ミライプラス社の高濃度水素水サーバー・アキュエラブルーです。圧倒的に高い水素量1.6PPM(ほぼ飽和水素量です!)で、しかも従来の水素水サーバーでは水素量を上げるとアルカリ度もあがり飲めませんでしたが、特許技術でPH値を中性に保ちながら高濃度の飽和水素水をたったの5分で生成してくれます。カートリッジ交換も不要なのがうれしいですね。
興味のある方は商品説明ページをのぞいてみてください。
高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー


水道水使用方式水素水サーバー

こちらは一台あると便利な水素水サーバーになります。水道水を利用して水素水を作るので、機器さえあれば手軽に水素水を生成することができるのです。浄水器型水素水サーバーという呼び方もされます。
水道水の出る蛇口に取り付けるだけで良いので、蛇口をひねるといつでも水素水を利用できます。料理やちょっと喉が渇いた時、コーヒーや紅茶を作る時にも水素水が出来上がるのを待つ必要なく利用できるので便利です。水素水サーバーのようにミネラルウォーターを自分で買ってくる必要がないので、手軽に日常の中で水素水を活用できるのです。おすすめとしてはまたも大手ミライプラス社の売れ筋商品ですがアンダーシンク型 電解水素水整水器 トリムイオンUS-100Lが代表的です。一台で「電解水素水」「浄水」「弱酸性水」を生成することができます。筐体も奥行き10cmのコンパクト設計なので後付でも設置はかんたんです。
気になる方は商品チェックしてみてください→アンダーシンク型 電解水素水整水器 トリムイオンUS-100L


水道水使用不可式水素水サーバー

水道水を使って簡単に水素水を生成できるサーバーがあるのに対して、水道水使用不可式水素水サーバーと呼ばれるものもあります。こちらは水道水が使えない、ミネラルウォーターがないとできないというデメリットがありますが、携帯できるというメリットがあるのが特徴です。水素水を外出先でも飲みたいという時に便利な機械で、水素水濃度が高くなっています。最初購入する時には10万円程度しますが、一度買うと使用回数に制限がないと言われているので、壊れたりバッテリーがなくならない限りずっと使うことができる点も魅力と言えるでしょう。
日々バッテリーが切れないか確認をしながら使うようにすると、高濃度の水素水を利用できるのです。これまたミライプラス社の製品ですが【携帯型水素吸入&生成器 ビューティーフライ】がおすすめです。ビューティフライは水素吸入と水素水生成が出来る小型の水素吸入器です。水素ガス純度が高く、水素が抜けづらい水素水が生成できます。
気になる方はチェックしてみてください。→水素吸入も、水素水も飲みたい方に!ビューティーフライ


水素水サーバーおすすめな生成方式はどれ?

いろんな生成方式がある水素水サーバーですが、結局のところどれがおすすめなの?という意見も出てきます。そこで、水素水に求める形によっておすすめの生成方式が異なるので、それについてまとめます。

便利さを追求するのなら水道水使用方式水素水サーバー

いつでも飲みたい時に水素水を利用したい、面倒なことは続かなくなるので避けたいという人にぴったりなのが、水道水使用方式水素水サーバーです。蛇口に水素水が生成できるように工事を行うので、蛇口をひねれば出てくる水は水素水になります。これなら、水素水が出来上がるまで待つ必要はありませんし、スイッチを押したり水を交換して足したりといった手間が必要ありません。
ここから、便利さを追求するのなら水道水使用方式水素水サーバーがおすすめなのです。

持ち運びたい時には水道水使用不可式水素水サーバー

外出や外泊も多く、そんな時にも水素水を利用したいという時におすすめなのは水道水使用不可式水素水サーバーです。割とコンパクトな本体を持っていくだけで、出先でも水素水を生成できます。ただし、水素水を作る時にはミネラルウォーターがないとできないので、その点だけ忘れないように用意しておきましょう。

水素の高濃度を求めるのなら電気分解タイプ

水素水はやっぱり濃度が肝心、高濃度の水素水を利用したいという時には電気分解タイプがおすすめです。持ち運びはできませんが、自宅に機器を設置しておく際には省スペースでも利用できるタイプも登場しているので、今人気のある水素水サーバーのタイプになります。
水を変える必要はありますが、あとはスイッチを押すだけで電気分解を始めて高濃度の水素水を生成してくれます。電気分解タイプは一台あると水素水を料理にも利用できるので、さまざまなシーンで水素水を活用することができます。さらに、高濃度ということで健康効果もしっかり期待できるのです。

水素水サーバーの生成方式の違いまとめ

水素水サーバーは調べてみるといろんな生成方式があることがわかります。本当に自分の生活に合っているものは何なのか、それぞれの生成方式の違いや特徴は何なのかをじっくりと見比べてぴったりなものを選ぶようにしたいです。
水素水のある生活でいつも健康に暮らせるようにするには、水素水サーバーも慎重に選ぶ必要があります。


SNSでもご購読できます。