水素水サーバーの失敗しない選び方

Pocket
LINEで送る

水素水はペットボトルや缶などで飲みきりサイズを購入することもできますが、ウォーターサーバーのように水素水サーバーを設置しておくと、いつでも水素水を利用したい時に活用できます。そんな水素水サーバーですが、商品にも種類があり、どれを選んだら良いか悩んでしまいます。そこで、失敗しない水素水サーバーの選び方を紹介しましょう。
水素吸入濃度64万ppm、水素水生成時の溶存水素濃度は707ppd!ビューティーフライ

設置する水素水サーバーのタイプを決める

水素水サーバーは一度設置すると、長期間に渡っていつでも新鮮な水素水を利用することができます。この点が水素水サーバーの最大のメリットとも言えます。そして、水素水サーバーにはタイプがあって、どのタイプを選ぶかによって費用や設置方法なども異なるのです。
主にウォーターサーバー型と卓上設置型の2種類があります。

ウォーターサーバー型

 

ウォーターサーバー型はリビングやキッチンに設置する、高さのあるものになります。
さらに、ウォーターサーバー型は熱湯の水素水を生成することも可能になっているタイプが多いです。よって水素水をお湯の状態で使う機会が多いという場合には、ウォーターサーバー型の方が向いています。
このように水素水を自宅で手軽に欲しい時に利用するタイプの水素水サーバーについては、ウォーターサーバー型の場合はいろんなシーンで水素水を活用できることがわかります。

卓上設置型

卓上設置型は文字通り卓上に設置できるタイプなので、少しのスペースでも設置することが可能です。ウォーターサーバー型のように場所を確保する必要がありません。ちょっとのスペースをキッチンに作るだけで、簡単に設置できるタイプになります。
ウォーターサーバー型と同じように料理や飲み水としても利用できるので、いつでも水素水を気軽に活用できます。卓上設置型は熱湯には対応していないものが多いので、その点だけ料理をする時や温かい飲み物を作る時には注意しましょう。

また、ウォーターサーバー型と卓上設置型とは別に、水道直結型と給水タンク型という水素水の利用の仕方もあります。

水道直結型

水道直結型はいつも使うキッチンの水道から出てくる水が水素水に変わります。蛇口を変えるなどの工事が必要になりますが、いつでも蛇口から水素水が出てくるのは便利です。使いたい時に蛇口をひねるだけで水素水が出てくるので、使い勝手が良いですね。

給水タンク型

一方の給水タンク型は面倒な工事などはなく、すぐに利用が可能です。ただし、定期的に給水をしないと水素水を生成してくれないので、給水をまめにできる人に向いています。給水をまめに行うことで、その都度新鮮な水素水を利用できる点が給水タンク型のメリットとも言えます。

購入するのかレンタルするのか

水素水サーバーには2種類のタイプがあり、家の環境や家族構成などによってどちらを選ぶかは異なります。そして、水素水サーバーのある生活を続けるとすると、購入するのかレンタルするのかによって負担する料金が異なってくるので注意が必要です。ここでは、購入する場合とレンタルする場合とに分けて、費用の面や設置の内容について触れていきます。

ウォーターサーバーを購入する場合

水素水をウォーターサーバーを購入して利用する場合、初期費用がかかることを忘れてはいけません。最低10万円と言われているほど、最初の設置などにはお金がかかります。ウォーターサーバーの相場は10万円~20万円と言われているので、最初にこれぐらいの費用は用意しておく必要があります。ただし、この高い金額を支払うのは最初だけで、一度設置してもらえばその後はリーズナブルな価格で水素水を利用できます。よって、一度ウォーターサーバーを設置したのなら、長期に渡って利用した方が得になります。
ウォーターサーバーの設置が完了したら、定期的にフィルターの交換などのお手入れを自分でしないといけません。サーバーを購入する場合には、初期費用とその後のお手入れのことについてよく理解しておきましょう。

水素水サーバーをレンタルする場合

購入時には初期費用がまとまって発生するということですが、水素水サーバーをレンタルする場合にはいくらぐらいの費用がかかるのでしょうか?レンタルをする利点といえば、やはり細かいメンテナンスを専門の業者の方がしてくれるという点になるでしょう。そして、最初は1万円前後ほどの初期費用で済みます。その後月額になっても月々1万円以内ほどの金額で借りることができます。
レンタルする場合はずっと使っていても問題ありませんが、返却したいなと思った時にも業者に問い合わせれば返却が可能です。水素水サーバーがどんなものかわからないからサーバーを設置するまではしたくないけれど、自宅でいつでも水素水を利用できるような状態にしておきたいという場合におすすめです。

契約期間のチェックは必須

水素水を毎日利用するためにサーバーを購入するかレンタルするかは、慎重に考えないといけません。特にレンタルでサーバーを設置してもらう際には、最低契約期間というのが設けてあるパターンが多いです。ほとんどが1年~3年の間で設定しています。この最低契約期間内に解約をしようとすると違約金が発生することもあります。何だか携帯電話の契約の話と似ていますが、水素水サーバーをレンタルする場合には契約期間も決められていることが多いため、最初にきちんと確認を行いましょう。
水素水を気に入ってしまって数年以上使い続けることになりそうという際には、あっさりと購入してしまう方が早いです。自分がどれだけ継続して続けられそうかという点を意識しながら水素水サーバーの設置の仕方を検討してみましょう。その他にはコストの面で考慮するなどをしながら選択肢を絞っていき、一人ひとりのライフスタイルに合った水素水サーバーになれるようにしていきたいです。

まとめ

水素水サーバーは今ではいろんな形で実現しています。ウォーターサーバー型や卓上設置型、水道蛇口型、給水タイプ型など、さまざまな種類のサーバーが登場しており、一人ひとりのライフスタイルに合ったものを選択できます。また、契約期間やそれに反した場合の違約金の制度などについての情報は最低限ゲットしておきましょう。
水素水を自宅でもっと簡単に利用したいという時には、水素水サーバーがあると便利です。あとはメンテナンスの有無や方法についても知識を得た上で、自分に合ったサーバーを選ぶと良いでしょう。自分の生活の中でどれだけ水素水を取り入れるのかという点については早めに決めて、その上でサーバーの特徴などを抑えて申し込むようにしましょう。


SNSでもご購読できます。