水素水製造装置の仕組み

Pocket
LINEで送る

【マルーンジュニア】
水素水をその都度買うのは大変、コストも結構かかるという悩みを抱えている人はいませんか?健康や美容に良いとされている水素水をもっと身近に、飲みたい時に飲めたらいいのにと考えている人も多いでしょう。そんな時は自宅に水素水製造装置を置くことを検討してみましょう。
ここでは、水素水製造装置のメリットや種類のこと、装置の選び方のポイントをまとめていきます。

水素水製造装置のメリット

水素水製造装置には、主に2つのメリットがあります。そのメリットは私たちの日常生活においては嬉しいことばかりで、水素水を一度利用し始めると手放せなくなるほどです。

自宅で簡単に水素水が製造できる

水素水製造装置があれば、自宅にいながら新鮮な水素水を利用することができます。水素水は時間が経つと水素が抜けてなくなってしまうというデメリットがあるのですが、自宅に水素水製造装置があるといつでも新鮮な水素水を飲むことができます。
そして、水素水製造装置は面倒なこともなく、簡単に生成できるので手間もかかりません。装置をセッティングして、水をきれいに取り替えておくことで水素水を生成してくれるので簡単です。簡単でありながら自宅で出来たての水素水を利用できるので、今水素水製造装置を自宅に設置する人も増えています。

水素水製造装置から期待できる効果

簡単に水素水を作れて便利な水素水製造装置ですが、期待できる効果も嬉しいものばかりとなっています。日頃の水分補給だけでなく、健康や美容にも効果が期待できます。たとえば、こんな効果が期待できるといいます。

健康面

活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジングや生活習慣病の予防ができます。水素水は効果が出るまでに3ヶ月ほどかかると言われていますが、きちんと継続すると健康への効果も実感できるようになります。体の中の悪いものを効率よく外に出してくれる、そんな優れた水なのです。

美容面

アンチエイジングの効果があるという点から、老化現象であるシミやくすみ、シワなどを水素水を飲むことで予防できます。お肌の異変も活性酸素が大きく関係しています。そのため、水素水を飲むとお肌がきれいになれると言われているのです。いつもの飲料水を水素水に変えるだけでも、お肌には変化が現れます。


水素水製造装置には3種類ある

水素水製造装置は主に3種類に分けることができます。

水素水製造装置電気分解タイプ

家庭に置いておくタイプの定番とも言えるのが、この電気分解タイプになります。仕組みもシンプルで、一般的な水素水製造装置と言われています。水道水を直接電気分解して水素を発生させます。完成する水素水については、濃度が低めとなっているのも特徴です。医療の現場で用いられることが多く、一般家庭ではあまり見かけないタイプになります。

水素水製造装置マグネシウム反応タイプ

このタイプではマグネシウムの入ったスティックを飲料水と反応させて水素を発生させるという仕組みを用いています。しかし、水素水が仕上がった時の濃度が濃いとは言えないので、濃度の高い水素水にしようと思ったら数時間かかるという特徴があります。8時間ほどかかることもあるので、飲みたい時に水素水を飲めるという感じにはなりません。

水素水製造装置電極非接触タイプ

電極非接触タイプでは電解槽という部分で水を電気分解し、水素を発生させます。飲料水の性質をそのまま利用して水素水にすることができるため、現在自宅で水素水を利用したいという場合に選ばれているタイプになります。簡単に水素水を自宅で作れるという点で、この電極非接触タイプは選ばれています。

水素水製造装置の選び方のポイント

水素水製造装置にはそれぞれ特徴がありますが、特徴以外では以下の点に注意しながら選んでみましょう。

水素水製造装置の費用

何を購入する際にも考えないといけないのが費用ですが、水素水製造装置については購入するとなると大きな買い物になります。ウォーターサーバーのように自宅に設置してもらうとなると、10万円~20万円が初期費用として必要になります。レンタルする場合は月々1万円以内で済みます。
どれだけ水素水を活用したいのか、まずは普段の自分の生活を振り返って本当に水素水を必要としているかを判断しましょう。あとは工事の有無や設置にかかる時間などの細かい点から考えていくと良いでしょう。費用を比較しながら、コスパの良いものを選びましょう。

水素水製造装置の使う頻度やスペースの問題

水素水製造装置はウォーターサーバーのように1台のサーバーをリビングやキッチンに設置して利用できるタイプもあります。また、卓上タイプもありダイニングテーブルやキッチンで水素水を生成することができます。
どの水素水製造装置を選ぶかは、家のスペースや使う頻度からも考えてみると良いです。毎日飲み水として使いたい、料理をする時の水も水素水にしたいということであればウォーターサーバーのように1台の水素水製造装置を設置してもらって利用する方がコスパが良くなります。
また、一人暮らしの場合はたくさんのスペースがないと思うので、卓上型などの簡単な作りの水素水製造装置にすると場所を取らずに新鮮な水素水を活用できます。生活スタイルを振り返ってどんな水素水製造装置が自分に合っているのか、正しく判断をしましょう。

水素水製造装置の仕組みのまとめ

水素水製造装置は1つ自宅に置いてあると、いつでも水素水を利用することができます。とても便利な装置ですが、水素水を生成する装置については種類があることを覚えておきましょう。一番手軽でおすすめなのは水道水や飲料水を水素水に変えるタイプになる電極非接触タイプです。
水素水製造装置は決して安くはないので、購入するかレンタルするかも慎重に考えましょう。そして、装置によっては大きくて存在感のあるものもあるので、家の間取り上置くことが可能かも検討する必要があります。さまざまなことを念頭に置きながら、水素水製造装置の設置を計画してみましょう。水素水の素晴らしさを実感できるようになったら手放せなくなるので、水素水製造装置の知識もしっかり得ておきましょう。

SNSでもご購読できます。