やっぱり水素水サーバーもコスパで選びたい

Pocket
LINEで送る

水素水はアルミパウチやペットボトルのようにその都度利用できるという手軽な製品もありますが、ずっと続けて利用していきたいという時には水素水サーバーの購入を検討するでしょう。しかし、水素水サーバーの価格を調べてみると、数万円から数十万円と決して安くはありません。家族みんなで水素水を飲みたいという時には、どんな水素水サーバーがおすすめなのでしょうか?

家族みんなで水素水を飲みたいという時にはどんな水素水サーバーがおすすめ?

ボトルタイプとサーバータイプの特徴について

家族みんなで水素水を利用したいという時は、ボトルタイプとサーバータイプのどちらにしようか悩んでしまいます。家族が多いと一度に利用する水素水の量も多くなるので、たくさん生成してくれる機器の方が良いでしょう。そんな点も考慮しながら、ボトルタイプとサーバータイプの特徴をそれぞれ紹介しましょう。

ボトルタイプ

ルルドハイドロフィクスのようにボトルになっていると、軽くて持ち運びもしやすいです。さらに水素ガスを吸引することも可能です。ボトルでは、780リットルの水素水をたった30分で生成することができます。スイッチを押して用事を済ませている間に、新鮮な水素水が出来上がります。
ウォーターサーバーのようにたくさんの水素水を生成することはできませんが、飲みたい分だけ作ることができます。ウォーターサーバーは短時間でたっぷりの量の水素水を生成できますが、ボトルタイプは飲みきれる分だけを生成できるので一人暮らしや二人暮らしにはちょうど良いサイズとなっています。

サーバータイプ

サーバータイプは水素水において一般的なものになり、設置型や卓上タイプが増えています。設置型はキッチンやリビングに、水素水サーバーの場所を用意して設置することになります。一方の卓上型はキッチンやダイニングテーブルの上などに置いておけるコンパクトさが魅力となっています。
このようなサーバータイプは、水道水を入れてスイッチを押すだけで水素水を生成してくれます。一度にまとまった量の水素水が生成できるので、家族みんなで利用したい時にも助かります。また、本体を最初に購入すると、維持費が少なくて済むというのもメリットと言えます。
サーバー自体は購入する以外にレンタルも可能となっているので、初めて水素水サーバーの設置を考えている人にも決断がしやすいでしょう。サーバータイプは1台10万円~20万円ほどするので、レンタルができるようになっています。家族全員でずっと使い続けるのなら、初期費用にこれぐらいの費用がかかるのも納得できるでしょう。

サーバータイプは維持費が少なくて済む

家族で利用するのならサーバータイプがおすすめ

ボトルタイプとサーバータイプにはそれぞれ異なった特徴があり、目的や家族の人数に合わせて選ぶことができます。もし家族が4人5人と多い場合は、サーバータイプの方がコスパが良いです。設置や本体代金として10万円以上発生しても、毎日これだけの人数の人が水素水を利用できるので、その都度アルミパウチのものを買ったりボトルで水素水を生成するよりも効率が良いです。一度にまとまった量の水素水が生成できるので、家族で利用する際にはサーバータイプがおすすめとなっています。
サーバータイプは、水道水を入れて数時間待つだけで水素水を生成してくれるだけでなく、いつでも新鮮な水素水を飲むことができます。飲む以外に料理にも活用できるので、家族みんなで愛用できます。

便利な機能付きのルルドハイドロフィクスならおいしい水素水が飲める

家族みんなで水素水を利用したいのなら、コスパに納得できる水素水サーバーがおすすめです。しかし、いざ水素水サーバーを選ぼうとするとさまざまな種類があって迷ってしまいます。そんな中、最新の機能をつけて新鮮な水素水を作ってくれるルルドハイドロフィクスをおすすめします。ルルドハイドロフィクスの特徴を見てみましょう。
高濃度水素水生成器【ルルドハイドロフィクス】

水素の濃度を一定に保ってくれる

気軽に水素水を作れるルルドハイドロフィクスは、簡単に水素水を作ってくれるだけでなく水素の濃度を一定に保つという働きも持っています。水素メーターがついているので、どれぐらい水素が含まれているかを一目見て確認できます。さらに、通常モードを使用した場合でも30分で1.2ppmと高濃度が水素水を作ってくれます。この水素濃度の高い状態を維持できるのが、ルルドハイドロフィクスの特徴となっています。

追い焚き機能付き

ルルドハイドロフィクスには嬉しい追い焚き機能もついています。一度水素水を生成した後12時間は、自動的に水素を補充してくれます。その後12時間も経過してしまったら、今度はスタートボタンを長押しすることで再度12時間水素を補充してくれます。水素水を作ったものの、いざ飲もうとしたら時間が経っていたという時にも追い焚き機能があるので、安心してまた水素水を生成できます。

水素ガス生成機能も付いている

ルルドハイドロフィクスは水素水を作ってくれるだけではありません。水素ガスを生成してくれるので、チューブを使って水素ガスの吸引も可能となっています。水素水に換算すると780リットル相当の水素をたった30分で発生させ、そのまま体内に吸収できます。
テレビを見ながら、本を読みながら水素ガスを吸引できるので、水素水を飲む以外の使用方法もあります。

1リットルあたりのコスパに納得

ルルドハイドロフィクスはコストが最低限で済むので助かっているという口コミをよく見かけますが、1日5円で続けることができます。1リットルあたりが1日5円で済むのなら、家族みんなでたっぷり飲んだり水素ガスを吸引しても、安く利用できます。
コストは水素水を利用し続けていく上で、最も重要です。長く続けて愛用するためにも、コストを比較しながら品質にも目を向けていきたいです。

やっぱり水素水もコスパで選びたい 終わりに

水素水は普通の水を買うよりも高価です。さらに、サーバーを設置するとなると、20万円近いお金がかかるケースもあります。そんな中、水素水生成器であるルルドハイドロフィクスは水素水と水素ガスの両方を利用できて、1日5円で水素を体に補給することができます。サーバーのように置き場所にも困らないので、気軽に始められる水素水生成器です。追い焚き機能もついているので、いつでもおいしい水素水を飲むことができます。まずは無料の資料請求ができるのでおすすめです。

水素ガス吸入機能も搭載!高濃度水素水生成器【ルルドハイドロフィクス】


SNSでもご購読できます。