水素水の浄水器と生成器とはどのようなものなのか

Pocket
LINEで送る

水素水は水に水素ガスが押し込められています。そしてこの水素水を飲むことで体内に水素が浸透していくことになるのです。水素の分子はとても小さいため体の隅々まで行き渡ることになります。

人間はストレスや激しい運動、紫外線などから活性酸素を作り出し、周辺の細胞を錆び付かせることになりますが、水素は実に効率よくこの活性酸素を除去してくれます。

老化や肌のバリア機能を低下させるのが活性酸素ですから、水素水を定期的に飲むことでアンチエイジング効果や美肌効果が期待できるというわけです。さらに様々な体質改善に効果があるといわれています。

そのために芸能人、特に有名女優などが水素水を愛用するようになり、一躍脚光を浴びることになりました。水素水愛好家はどんどん増えていっています。

水素の摂取の仕方は、水素水として飲むか、水素サプリメントとして飲むかということになります。現状としては水素サプリメントよりも、水素水を飲んで水素を摂り込む方が多いようですね。

しかしこの水素水を選択するにしても、水素水をそのまま購入する方法と、水素水を自分で作る方法に分かれていきます。

今回は水素水の浄水器と生成器とはどのようなものなのかについてお伝えしていきます。

水素生成器とはどのようなものなのか

水の電気分解による水素ガスの発生方法

「水素生成器」は「整水器」とも呼ばれます。これを使用することによって水素水を作ることができるのです。つまり自宅にいながらいつでも水素水を飲むことができます。

いちいち買いに行く必要がありませんし、インターネットなどで購入の手続きをする手間も省くことができます。家族が多い場合も便利ですね。不足する心配はありません。

それでは、この水素生成器とはどのような仕組みになっているのでしょうか。

これは水を電気分解することにより水素ガスを発生させ、活性炭ブロックに保存します。そしてこれを溶かすことで水素の溶存濃度の高い水素水を作り出すというわけです。

電極接触方式とバブリング方式

水に電極を差し込んで電気分解する「電極接触方式」が一般的です。この場合、電極が水に溶けだすことがないように設計されていることを確認した方がいいかもしれません。

水素ガスを注入するバブリング方式の方が安全だという話もあります。水素生成器を購入する際はどのように水素を発生させているのか、その仕組みについてもよく確認するべきですね。

還元水素生成器

水道水を大型の浄水カートリッジで溶解性鉛や塩素などを除去し、電気分解して還元水素水を作り出すという製品もあります。

この場合の単位はPHではなくORPになります。「還元電位」というものです。還元力を示していて、この起電力の増減によって反応の仕方が変わってきます。

プラス200mvが基準となり、ここが真水の状態です。すでに酸化反応が進んでおり、鉄などを錆びさせることができます。マイナス250mvとなると還元反応が進んでおり、腐敗を防ぐことができるようになります。

ただし還元水素水と水素水では同じように電気分解をして作られているので、同じだと思えるかもしれませんが、まったくの別物になります。還元水素水には水素は含まれていません。こちらはアルカリ性の水という扱いです。

浄水器とはどのようなものなのか

水素イオンと水素の違い

では還元水素水と水素水では何が違うのでしょうか。

これは水素と水素イオンの違いになります。水素イオンは水素よりマイナス電子を一つ多く持っています。水素イオンも酸化還元力が強く、傷ついた細胞を修復する機能があります。還元水素水はこの水素イオンを含んでいるのです。

こちらは単位がPHです。PH7が中性の状態です。水素イオンよりも水酸化イオンが多くなるとアルカリ性になります。逆の場合は酸性です。PH8から9.5あたりはアルカリ性の還元水と呼ばれ、カルシウムやミネラルが豊富に含まれており、飲料水やお米を炊いたりするのに適しています。

このアルカリ性の還元水は抗酸化作用やアンチエイジング効果があるといわれていますので、水素水と混同されやすくなります。ちなみに水素水自体は中性です。

つまり水素をしっかり摂取したいのであれば、還元水素水ではなく、水素水を飲まなければならないということになります。このあたりはとても紛らわしい表現が多いので注意が必要です。

浄水器で水素水は作れるのか

また似たような働きをするものに浄水器というものがあります。この浄水器にも最近は様々な機能が付加されているのでよく確認する必要があります。

基本的に浄水器は有害物質を除去するものです。水道水を、フィルターを通してろ過します。水道水は殺菌用に塩素を使用していますので、残留塩素を取り除くことができるのです。

ですから浄水器だけでは水素水を作ることはできません。また、浄水器の働きをしつつ、電気分解によって、アルカリイオン水や還元水素水を作り出す製品もありますが、水素水の生成器とは異なりますので注意しなければなりません。

まとめ

類似製品に気を付けましょう

このように似たような機能を持った製品が様々開発され、発売されています。水素水を飲むメリットは水素を体内に摂り入れることです。水素の働きに期待するのであれば、しっかりと確認し、水素を発生させる生成器を購入しましょう。

メーカーや製品によってはあえて混同しやすい表現をしている場合もありますので注意が必要です。信頼できるメーカーを選んで購入することをお勧めいたします。

・まずは水素水を定期的に摂取するところから始めてみましょう

費用面で不安のある方は、まずはレンタルサーバーから始めてみてください。もしくは生成器やレンタルサーバーの前に、水素水を購入して飲むことから始めてみても良いでしょう。

水素水を定期的に飲んでみて効果を感じるようになったり、毎日定期的に飲んでいきたいとなった場合は、水素水生成器の購入を検討したり、レンタルサーバーを依頼するのがいいのではないでしょうか。

ぜひまずは水素水の効果を実感してみてください。

SNSでもご購読できます。