水素水サーバーレンタルの仕組みと種類

Pocket
LINEで送る

水素の驚くべき効果に注目が集まってきている現代では、毎日定期的に水素を摂取しようという人たちが増えてきています。中でも美容や健康に人一倍気を配っている芸能人、特に女優さんの愛用者が多いようです。

水素の摂取の仕方は、水素が溶け込んでいる水素水を飲むか、水素を発生させるサプリメントを飲むかという選択になりますが、水分補給ができ一石二鳥の水素水のニーズが高いのが現状です。

しかし一口に水素水と言っても様々な種類があります。もちろん水素の溶存濃度の高い、高濃度の水素水を飲んだ方が効果的です。こちらはppmという単位で表示されますが、製品によってこちらの数値は大きく異なります。

また水素はとても小さな分子のために開封すると水素はどんどん抜けていきます。同じ製品であっても開封後の時間によって水素の溶存濃度は変わってくるのです。ですから開封後は早く飲みきることが大切になってきます。

では、できるだけ新鮮な水素水を、できるだけたくさん飲みたい場合、どんな方法があるのでしょうか。

やはり水素水生成器を活用して、出来立ての水素水を飲むのが一番効率が良いといえます。特に水道水を利用できる水素水サーバーはいくら飲んでも水道代しかコストがかかりませんから、大人数の家庭や職場に最適です。

水素水サーバーについてはレンタルをしているメーカーもありますので、今回は水素水サーバーレンタルの仕組みと種類についてお伝えしていきます。

水素水サーバーレンタルの価格と特徴

水素水サーバーを購入する場合

レンタルではなく水素水サーバーを購入するという選択肢もあります。これだと初回に支払う費用以外はほとんどかかりません。レンタルをしていないメーカーもありますので選択肢も広がります。

ただし初期費用は20万円くらいかかってきます。製品によっては40万円を超えてくるものもあります。いきなりの購入は勇気のいる決断になるかもしれません。やっぱり他の製品がいいと思っても変更も難しくなります。

すでに水素水を愛用されているのであればすぐに決めることができますが、これから飲むという場合は、まずは水素水サーバーレンタルから開始するのがいいのではないでしょうか。実際に毎日使用してみて自分たちの体にあっていると感じてから水素水サーバーを購入しても遅くはありません。

水素水サーバーレンタルの種類

水素に注目が集まり、人気が出てきたために市場では様々な水素水サーバーが開発され製品化しています。どれがいいのか決めるのも難しくなっているかもしれません。そこで、人気のある水素水サーバーレンタルの内容を何点かご紹介いたします。

水素の溶存濃度が最大で4.1ppm、気体過飽和式、ウォーターボトル使用、こちらの製品で関東圏であれば月額1,572円、関西圏・愛知県であれば月額2,000円となります。

水素の溶存濃度が1.0ppm、電気分解式、水道水を使用できるタイプの製品で、月額6,980円です(2年契約)ちなみに3年契約だと月額5,980円となります。こちらの製品を購入する場合は198,000円です。

水素の溶存濃度が0.6ppm、電気分解式、水道水を使用できるタイプで月額3,980円という製品もあります。こちらの設置についてはセルフの場合で9,960円、業者設置になると12,960円ほどになります。

水素の溶存濃度が4.1ppm、気体過飽和式、ウォーターボトル使用のタイプで月額1,572円という製品もあります。

水素水サーバーレンタルのメリット

水素水を購入するのに比べると

アルミパウチ容器に入った250ミリリットルの水素水で200円から300円ほどです。理想としては毎日1リットル以上の水素水を飲みたいので、そう考えると水素水サーバーレンタルの方が経済的ですね。

出来立ての高濃度の水素水を毎日飲めるというのが一番のメリットでしょう。さらに大人数の場合は経済面のメリットが大きくなります。水素は疲労回復にも効果がありますから水素水サーバーが職場にあるととても助かります。

水素水サーバーレンタルのランニングコストの違い

電極を水に入れて電気分解して水素を発生させる方法が主流ですが、別に水素を取り出して圧力をかけて水に溶け込ませる気体過飽和式もあります。気体過飽和式だと1.6ppm以上の水素溶存濃度の水素水を作ることも可能です。

ランニングコストとしては月々の電気代、定期的なメンテナンスがあります。他にも使用する水の種類によって異なってきます。水道水を使用できるものと、専用のウォーターボトルを使用するものがあるのです。

基本的に水素水は塩素を含む水道水からは生成できません。まずは浄水しなければならないのです。ですから水素水サーバーによっては浄水機能も持っているものもあります。これだと水道水からいくらでも水素水を生成できるというわけです。この場合はランニングコストとしては水道代を考慮する必要があります。

逆に専用のウォーターボトルを使用する製品は、定期的にウォーターボトルを発注します。ウォーターボトルは製品によって価格が異なります。こちらの購入もランニングコストとして計算する必要があります。水道代はかかりません。

まとめ

水素水を飲むならどの方法がいいのか

水素水サーバーも製品によって生成するのにかかる時間が変わってきます。高性能だと1分間に1リットルの水素水の生成が可能です。時間を気にしないのであればこちらの項目は関係ないですね。

ポイントは毎日どのくらいの水素溶存濃度の水素水を、どのくらいの量飲みたいのかということになってくるでしょう。それによって選択は大きく変わってきます。まずは水素水を試してみたいということであれば、水素水の製品を購入するところから始めることも可能です。

健康と美容のために水素水を飲もう

水素水を何のために飲むのかというと美容や健康のためです。せっかく飲むのに効果が薄いのはもったいないですね。水素の素晴らしい効能を充分に実感できるのが一番良いのではないでしょうか。

経済面も選択の重要な要素ですが、健康や美容には代えられません。元気に明るく生活していくためにも自分への投資は大切です。その点をしっかりと考慮しながらどの方法で水素を摂取していくのか検討していただけたらと思います。

SNSでもご購読できます。