水素水生成器の気になる中身について調べてみた

Pocket
LINEで送る

一言に水素水といってもその生成方式にはいくつか種類があります。生成方式に違いがあること、どのような仕組みで水素水が作られているのかということを知ることで、より水素水について詳しくなれます。そんな水素水の生成方式について紹介します。

水素水生成器の生成方式について

水素水生成器にはいろんな商品があり、商品ごとに生成方式が異なっていたり特徴が違います。そんな水素水生成器の生成方式の種類について、解説します。

電気分解方式

水素水生成器の中でも一番多くなっているのが、この電気分解方式です。電気分解方式では電極の周辺に水を通過させて電気分解をして、水素を発生させます。化学式で見てみても一目瞭然となっており、水から水素と酸素に分解できるという仕組みになっています。

化学式 2H2O(水)= 2H2(水素)+O2(酸素)

水素水を生成するにあたって一般的な電気分解方式ですが、デメリットもあります。電極を水に直接入れるため、金属が水の中に溶け出してしまうという点です。また、水質がアルカリ性に傾いてしまうというデメリットも挙げられます。電気分解方式についてはデメリットもあるので、特徴と合わせて知っておきたいです。

水質がアルカリ性に傾いてしまうというデメリット

飽和式

水素水の生成方式には飽和式という方法もあります。飽和式は電気分解と似ており、水を電気分解して水素を発生させるまでは同じです。しかし、その後水素を取り出して圧力をかけます。圧力をかけて水素を水に溶かすという方法を取っています。この飽和式を導入している水素水は、主にアルミパウチの容器に入っているタイプになります。また、一部の水素水サーバーにおいても、飽和式を導入している機器があります。電気分解方式のようなデメリットはありません。

アルミパウチが水素水の定番です

化学反応による生成

水素水は化学反応によっても生成することが可能です。水とマグネシウムを化学反応させて、水素を発生させます。この化学反応によって水素を発生させるという方法は、スティックタイプのものに使用されることが多いです。ペットボトルに水とスティックを入れて水素水を生成するタイプにおいて、使用されています。

ペットボトルに水とスティックを入れるタイプにおいて使用

PEM(量子交換膜)方式

このPEM方式は、飲料水と電気分解用の水を分けておいて、電気分解によって発生した水素を飲料水に溶かすという方法を取っています。現段階では、最新の水素水生成方式となっています。PEM方式なら、定番の電気分解方式のデメリットである、金属が水に溶けてしまっているかもしれないというリスクの心配がありません。
毎日新鮮で安全な水素水を利用したいという際には、信頼できる水素水生成方式と言えるでしょう。

毎日新鮮で安全な水素水を利用したい

このように、水素水を生成する方法にもさまざまな種類があるんです。それぞれ生成方法や特徴が異なるので、水素水生成器の利用を検討している際にはそれぞれの特徴を比較しながらより安全でおいしく飲めるものを選ぶようにしたいです。

水のPH値(水素イオン指数)を変えない方式がおすすめ

水素水は普通の水に水素を加えたものです。本来の水にもミネラルはたっぷりと含まれており、私たちの体を健康に保ってくれます。そんな水本来の素晴らしさも実感するためには、水のPH値(水素イオン指数)を変えない方式で水素水を生成してくれる機器が便利です。水素と水両方に含まれる成分を実感できます。
そんな水のPH値を変えずに水素水を生成してくれるのが、先ほど紹介した最新のPEM方式です。飲料水はそのままで、別の水から水素を発生させてくれるので、水素を飲料水に合わせた際にPH値が大きく変わるということがありません。いつもの水と変わらず飲むことができ、水素のパワーも実感できるようになっています。
ミネラルウォーターを用意して設置する必要はありますが、水の性質を保ったまま水素を合わせることができるので、より体内に有効成分が浸透していきます。
下記の商品はメーカーの信頼性と価格と機能からオススメですね。
水素ガス吸入機能も搭載!高濃度水素水生成器【ルルドハイドロフィクス】


PH値を変えない方式から期待できる効果

水のPH値を変えずに水素水を利用できるのは、一石二鳥のような感じでお得感もあります。そんなお得な生成方式からはどのような効果が期待できるのか、まとめてみました。

サラサラな血液になる

血液がドロドロになると生活習慣病にかかるリスクが高まります。理想的な血液はサラサラと言われ、おすすめの食材や生活スタイルなども提案されています。しかし、水素水を利用して体の中に水分を補給することで、より血液をサラサラにすることができるんです。食事から摂取した栄養素は血液と共に運ばれますし、毒素の排出も血液によって行われます。体を動かすことも、水分のおかげでできると言われています。血液がサラサラになると、より全身に栄養を送り届けてくれ、いつも体が元気な状態を維持できるのです。

活性酸素を除去してくれる

水素水の最大の特徴とも言えるのが、この活性酸素を除去するという働きです。呼吸をしている限り体内に蓄積されていく活性酸素を上手に除去していかないと、体に不調を感じたりお肌の悩みを抱えるようになります。水素水は優れた抗酸化力を持っているため、体内の活性酸素を効率よく除去してくれます。水素は非常に小さな分子なので体の隅々にまで浸透することができます。

水素は非常に小さな分子なので体の隅々にまで浸透

活性酸素を除去してくれるという点から、デトックス効果も期待できます。腸に老廃物が溜まっている時は排出しようとし、便秘が改善されます。水素水には悪玉菌をやっつける力もあるので、水素水を続けていると便秘知らずの体になれるんです。

水素水においてはPHを変えない方式を導入している生成器を利用して水素水を作ると、より体が健康的になることがわかります。

水素水生成器の気になる中身について調べてみた 終わりに

水素水を生成する機器には種類があること、その生成方式によって水素が発生する仕組みや特徴が異なることが理解できます。いくつかの生成方式が存在する中で、理想的なのは水本来の有効成分を損なわずに水素水に仕上げることです。そうすれば、水本来の栄養素と水素の両方を摂取できます。
いろんな生成方式がある中で、違いを把握し、自分が水素水に求めるものを明らかにすることが大切と言えるでしょう。生成器を検討する際には、コンパクトで使い勝手が良いものがおすすめです。

ぜひお気軽に【ルルドハイドロフィクス】無料請求をしてみてください。


SNSでもご購読できます。